« 青葉とコウの師弟対決が熱くてカワイイ! 新米グラフィッカーが今日も1日がんばるお仕事4コマ 得能正太郎『NEW GAME!』第3巻 | トップページ | シン撰組うづりんの尊さに刮目せよ。 POCHI『沖田さんのさらしデビュー』(アイドルマスターシンデレラガールズ二次創作) »

2016/05/03

【台湾はいいぞ】台北と台南でもぐもぐ作戦です! ~台湾で食べ歩きしたいわん2016春~

Img_9841_3

 「台湾へ行きたいわん」と言い続けて7ヶ月が経った。2月の台湾南部地震で被害を受けた台南も気になるし、この少し前に訪台した友人が行っていた淡水も行ってみたい。ということで少し時間ができたので4月の中旬に台湾は台北と台南へ行ってきた。
 2009年12月、2014年1月2015年1月同9月に続く5回目の訪台となった今回は台湾にはまだ見ぬ魅力がたくさんあることを再確認する旅となった。現地でのほぼリアルタイムのツイートまとめはこちら

★ガイドブック

 今回持って行ったガイドブックは毎度おなじみの『新個人旅行 台湾'09-'10』と『歩く台北2015-2016』。

・プラネットライブラリー編 『新個人旅行 台湾'09-'10』 昭文社、2008/7発行
 台湾全域をカバーする旅行ガイド。絶版。さすがにそろそろ新しいガイドが欲しい今日この頃。

 

・下川裕治、メディアポルタ編 『歩く台北2015-2016』 キョーハンブックス、2015/8/26発行
 台北食べ歩きの必需品。毎年8月頃に改訂版が発行される。

 

★2016年4月19日(火):1日目 7ヶ月ぶり5回目の台湾

Img_20160419_112925_3

 今回利用した航空便は行きはLCCのスクートで帰りは同じくLCCのタイガーエアだった。荷物はリュックサック1つだし3~4時間の行程なので特に不便は感じなかった。なにしろ東京~名古屋間を新幹線で行くのと同程度のお値段で台北へ行けるのは大きな利点だと思う。

Img_20160419_123637_3

 静岡上空辺りで「右手にきれいな富士山が見えます」というアナウンスがあり、その声に従って右側の窓を覗くとやがて航空機の翼の下から雄大な富士山が現れた。

Img_20160419_162204_3

 成田を発って6時間、桃園国際空港に着いて3days(※)のSIMを買って國光客運のバスに乗ればそこはもう台北駅。
 ※契約日から3日目まで終日有効なので、19日に契約すると22日の日が変わるまで使える。

Img_9222_3

 台北に来たらまず魯肉飯を食べないことには始まらない。ここでは魯肉飯とお薦めされたもつ煮っぽいものをいただいた。

Img_20160419_170356_3

 今回お世話になったのは中山にある天津大飯店。ご予約はメールで(日本語OK)。

Img_9241_3 Img_9242_3

 宿に荷物を置いて早速台北とことこ作戦開始です! 台北に限らず台湾は歩道橋や電気設備などイラストが描けるところはどこでもイラストが描いてある気がする。

Img_9247_3

 このシルエットはラララ科学の子では……!

Img_9249_3

 台湾は路地裏が吸い込まれるように魅力的だと100万回でも言う。

Img_9257_3

 スイカは1斤22元、レモンは1斤45元。台湾の1斤は600gらしいので、スイカ1玉で5、600円というところか。安い。

Img_9260_3

 ショーウィンドウを飾るぬいぐるみたち。

Img_9276_3 Img_9271_3

 ということで、中山から歩いて延三夜市へやって来た。車道の両側に広がるタイプの夜市であるため屋台の数も人出も多くはないが、逆にそれがいい。

Img_9274_3

 羊肉と野菜と麺を炒めたもの。羊肉と書いてあったけれど描かれているイラストは山羊だったので、例によって山羊肉なのでしょう。

Img_20160419_192915_3 Img_9287_3
Img_9285_3 Img_9297_3

 続いて寧夏夜市へ行った。通りをひとつまるまる使っているだけあって店も人も多く、とても活気がある。

Img_9292_3 Img_9294_3

 寧夏夜市ではキュウリだの大根だのを詰めて揚げたイカちゃんをいただいた。

Img_20160419_213024_3

 宿に戻って台湾ビールで晩酌。

 真昼の便で来たため台北に着いてからもあちらこちら見て回る時間があり、初日からして充実した1日となった。

★2016年4月20日(水):2日目 3回目の台南

Img_9308_3

 この日は台南へ行く計画としていたが、まずはMRT双連駅を出たところにある早餐店で魯肉飯をいただいた。

Img_9309_3

 2015年1月に行ったときと同じ流れで高鐵に乗って台南へ。

Img_20160420_174746_3

 高鐵台南駅の旅行案内で安平老街のパンフ(日文)と台南バス路線図(中文)をいただいた。これにより台南での目的地を安平老街に定めることにする(という程度のゆるふわ計画)。

Img_9316_3

 台南市街地へは高鐵台南駅を出て目の前に止まっている無料バスで移動した。このバスは台鐵台南駅へは行かないので、前回と同様、比較的駅に近い延平郡王祠で降りた。

Img_9319_3 Img_9318_3 Img_9359_3

 どこかで見たようなネコとリボンの意匠に足を止めてみるとハローキティのカフェが目下建設中だった。「COMING SOON」の幕が掲示されていたが、2016年4月20日の時点では開店日は不明。場所は延平郡王祠の真向かい。

Img_9321_3

 延平郡王祠に着いたのがちょうど昼時だったので、延平郡王祠を臨む食堂で麺とつみれ汁をいただいた。

Img_9328_3

 食堂でふと上を見るとアヒルさんチームが過酷な訓練をしていた。

Img_9331_3 Img_9353_2 Img_9336

Img_9333_3 Img_9334_3 Img_9340_2

 延平郡王祠にて。

Img_9345_2 Img_9346_2

 延平郡王祠の隣にある鄭成功文物館の横には日本統治時代に延平郡王祠が神社(原開山神社という名前らしい)だった頃の名残である鳥居が置かれているが、今回見てみると前回まではなかった説明板が据えられていた。

Img_9360_2

 延平郡王祠の後は孔廟へ行き、孔廟向かいの府中街を経て台鐵台南駅へ行った。

Img_9374_2

 孔廟のベンチに座っていた(?)本を読む人のオブジェ。なんで丸いのw

Img_9375_2 Img_9376_2
Img_9377_2 Img_9380_2

 孔廟の向かい側に延びる府中街にはいい感じのカフェや小物屋などが並ぶ。

Img_9385_2

 「網路男神×實況主、高顔値CP組合」の小説『幻想危機』(作者:吾名翼、イラスト:ツバサ)の広告が通りがかった本屋で大きく掲示されていた。

Img_9388_2

 安平老街へ行くには2番のバスに乗って行く。台南駅から安平老街行きの2番バスは北站のバス停から出ている。運賃は18元。

Img_9391_2

 バスに2、30分揺られて安平ほにゃららで適当に降りればそこはもう台湾発祥の地。

Img_9394_2

 バス停を降りたところの近くに飲料水のステーションがあった。あまり気にしたことはなかったけど、台北では見たことがなかったように思う。

Img_9399_2 Img_9404_2

 安平老街。飲食店や土産物屋が軒を並べる。その途中には「台湾第一巷」「最初のレーン台湾」の文字を掲げた路地があった。

Img_9407_2 Img_9409_2

 安平は豆花という軽食で有名だという。ということで、安平老街から少し歩いたところにある同記安平豆花へ行ってみることにした。ところがいざ歩き出してみると意外と距離があり、昼過ぎで最高潮に達した気温も相まって汗だくになってしまった。これはきっと豆花をおいしくいただけるに違いない!

Img_9416_2

 同記安平豆花への途上で見かけた電気設備。こんなところまでトロピカル。

Img_9411_2 Img_9412_2

 同記安平豆花にて、豆花と小豆にミルクだくだく。おいしいから大丈夫だよ! というか、豆花って豆腐だったのね。

Img_9417_2 Img_9418_2

 同記安平豆花へ行く途中で見かけた行列のできていた店で韮菜盒を買ってみた。外はカリカリ、中はもちもちジューシーな韮まんじゅうは行列ができるのも頷けるおいしさだった。

Img_9420_2 Img_9421_2

 安平古堡の向かいにある書店ではメジャーリーガー王建民選手と日本の少女マンガのポスターが入口の左右に並んでいた。

Img_9428_2 Img_9425_2 Img_9429_2
Img_9434 Img_9439_2

 安平古堡。歴史的な遺跡のわりにはあまり古さを感じさせないと思ったら、高台になっているところはここ100年ほどの比較的新しい時代に作られたものだという。

Img_9443_2

 安平わんこ。カメラを向けたところ、我らの眠りを覚ますのは誰だ的な視線を向けられた。

Img_9447_2 Img_9448_2

 安平古堡のマップを見ると約400年前に鄭成功が築城した頃の城壁がところどころ残っているらしい。何の気なしに城壁の裏側(?)へ回ってみると……。

Img_9449_2 Img_9451
Img_9456 Img_9460
Img_9459 Img_9461

 ラピュタだ! ラピュタは本当にあったんだ! と思わせるような光景が眼前に広がった。観光客の流れを見ていると安平古堡は高台だけ見て城壁の裏側まで来る人は少ないようだったので、安平古堡を訪れた折には是非レンガ造りの城壁を裏側から見てみて欲しい。

Img_9483 Img_9484 Img_9488

 安平老街界隈いろいろ。おいしいから大丈夫だよ! サイズのソフトクリームを食べるコアラがいたり、どこかで見たことのあるようなカラーリングのコンビニ(正確には付設のゲーセンらしい)があったり。

Img_9401_2 Img_9495
Img_9490 Img_9492

 安平剣獅は魔除けの縁起物だそうで、安平劍獅埕では剣獅を始め、さまざまな土産物が売られていた。

Img_9508 Img_9507 Img_9511

 安平地区から台南駅近辺への戻りも2番のバスを使う。バスが止まりそうな停留所を探し歩いているときに安平地区の入口を示す石碑と剣獅の一団を見かけた。そこはかとなく「剣獅王に俺はなる!」(ドン!)的な感じが。

Img_9513 Img_9514

 台南駅に向かう途中で下車して一路担仔麺を目指す。台南へ来たからには担仔麺を食べるまでは帰れない!

Img_9523 Img_9528

 赤崁擔仔麺で担仔麺と魯肉飯などなどをいただく。ひとりなのに頼みすぎた気もするけれど、おいしいから大丈夫だよ!

Img_9531 Img_9533
Img_9541 Img_9543
Img_9544 Img_9550
Img_20160420_232127 Img_20160420_232306

 赤崁擔仔麺を出た後は台鐵台南駅から沙崙線で高鐵台南駅へ行き、各駅停車の新幹線に乗って台北へ戻り、台北駅から徒歩で宿へ戻った。

 台鐵台南駅周辺と安平界隈を1日歩き回って感じたのは、(不幸にもビルが倒壊したという報道があったが)先だっての地震の影響を感じさせないほどいつもどおりの台南の姿がそこにはあるということだった。台南は1年前に来たときと同じような佇まいをしていたし、恐らくここ数十年変わることのない雰囲気を今日も漂わせている。台南はいいぞ。

★2016年4月21日(木):3日目 猫空と淡水

Img_9555 Img_9554

 滞在3日目となるこの日は猫空と淡水へ行って文字どおり台北を縦断することにした。後にそれがどれだけ時間がかかる行程かを身を以て知ることになる。
 それはさておき、朝ごはんには台北駅へ行く途中で見かけた屋台で麺とサカナ・マルメターノをいただいた。

Img_20160421_085000

 台北駅にて。台鐵集集線と日本の千葉県は夷隅と大多喜とを結ぶいすみ鉄道は姉妹鉄道の関係にあるという。ということで集集線とい鉄の擬人化姉妹百合の薄い本ください(`・ω・´)

Img_20160421_085951

 猫空ロープウェイは民国105年(=2016年)5月9日から5月31日まで点検のため運休の案内があった。

Img_9707

 台北からMRTを乗り継いでMRT動物園に到着。だいたい40分ぐらい。

Img_9564

 動物愛護の像。吾輩も混ぜて欲しいぞ。

Img_9567 Img_9568
Img_9569 Img_9571
Img_9573 Img_9572

 MRT動物園駅と猫空ロープウェイ乗り場の間にある公園にはクマやパンダの像やキリン模様の電灯などがあった。パンダの像はなぜ壁に尻を密着させているのだろうか。

Img_9576 Img_9577

 猫空ロープウェイ乗り場。猫空までは間に2駅あり、道のりにして4km、高低差にして300mあるそう。

Img_9586 Img_9592
Img_9599 Img_9606

 猫空ロープウェイからの眺望。この日は終始曇り空だったものの、眺め自体は悪くなかった。

Img_9611

 猫空ロープウェイの終点、猫空駅に到着。だいたい30分ぐらいだった。

Img_9613 Img_9615
Img_9620 Img_9627

 猫空は猫の空と書くだけあって石像やソフトクリームなど猫を象ったものがあちらこちらで見られた。

Img_9623

 猫空はお茶で有名というだけあって茶畑をあちらこちらで見ることができた。

Img_9652 Img_9636
Img_9633 Img_9644

 適当に歩いて見かけた眺めのよさそうなお茶屋でお茶と昼ごはんをいただいた。茶葉を購入し、お湯がなくなるたびにチャージし続ければ1日中居座ることもできる。
 「こんな格言を知ってる? 『台湾はいいぞ』」

Img_9668

 帰りはバスに乗ろうとしたが、1台来たバスに待ち人が乗り切れなかったのを見て帰りもロープウェイを使う。せっかくなのでお値段据え置きで床が透明になっている水晶車廂(クリスタルキャビン)に乗ってみた。

Img_9681 Img_9682

 猫空ロープウェイは途中でL字型に経路が曲がっているところが特徴だそう。

Img_9690

 途中、水晶車廂が比べものにならないほど度胸が試されるキャビンとすれ違った。

Img_9700

 猫空ロープウェイの動物園駅へ戻ってきたところで、ロープウェイを引退したキャビンがベンチとなって余生を過ごしている姿を見かけた(違います)。

Img_9732

 猫空の麓、動物園から淡水へはMRTで行く。途中、金魚の形をしたティーバッグが特徴のCHARM VILLAを買うために北投で下車した。CHARM VILLAを扱っている子村荘園は北投駅から淡水方面にMRTの線路を辿っていったところ、住宅街のただ中にあった。

Img_9738 Img_9737 Img_9739

 途中には謎の像が。

Img_9745

 MRT動物園駅から淡水駅までは寄り道しなければ80分ほどで到着する。というか、こんなに時間がかかるとは思っていなかったよね。
 ということで、淡水に着いた頃にはすっかり夕方になっていた。1日で猫空と淡水へ行こうと計画したときはMRTやロープウェイでの移動に30分から1時間要することまで考慮していなかったからだが、改めて台北の広さを知ることができたという意味では有意義な行程だった。

Img_9747 Img_9751
Img_9750 Img_9755
Img_9752 Img_9760
Img_9764 Img_9766
Img_9768 Img_9771
Img_9774 Img_9775
Img_9783 Img_9789
Img_9806

 台北から気軽に来られる観光地である淡水は川沿いにも通り沿いにもたくさんの店が軒を連ね、平日にもかかわらずたくさんの人が店を覗いたり川を眺めたりと思い思いに過ごしていた。

Img_20160421_173807

 淡水にもハローキティのショップがあった。女性がバイクのヘルメットをキティちゃんでデコっているのをしばしば見かけるように、台湾ではキティちゃんが本当に愛されていることがよくわかる。

Img_9784

 淡水ではサカナ・マルメターノをいただいた。

Img_9816

 淡水は川に日の落ちる夕暮れ時がそれはもう絶景とのことだが、残念ながらこの日は終日雲が垂れ込めていたためきれいな夕焼けを見ることはできなかった。ただ雲間からほんの一時だけ覗いた夕日がその片鱗を窺わせる。

Img_9826 Img_9828

 日の入りとともに淡水を後にして向かったのはMRT中正紀念堂駅。駅から地上へ出るには魔女化した残念さやかちゃんが待ち受けていそうな通路を通り抜けてゆく。

Img_9830

 地上へ出たら中正紀年堂を左手に見ながら南へ下り、本日のメインディッシュである南昌路夜市へ。

Img_9833

 南昌路夜市は仕事帰りのおっさんや学校帰りと思しき若者がふらりと現れては2、3品食べて帰る程度のこぢんまりとした小さな夜市ながら、夜市が持つ食の機能を堪能するには必要にして充分以上の魅力が詰まっている。台北へ来たら一度は行っておきたい。

Img_9845

 南昌路夜市を味わった後は西門へ向かった。途中、パンの耳だけの部分が路上に散らばっている現場に出くわす。何があった。

Img_9861 Img_9849
Img_9852 Img_9855

 流行と芸術とオタクが集まる西門も台北に来たら一度は行っておきたいスポットの1つ。

Img_9859

 台湾でのマスク着用率は日本と同様かなり高いように思うけれど、変な柄のマスクの利用率は日本の上を行く。

Img_9866 Img_20160421_223250

 西門の水龍王は朝から晩までやっているので、ちょっと立ち寄って魯肉飯を食すのにちょうどいい。ということで毎度のように来てはここで魯肉飯をいただいている。少し前に夜市でたらふく食べた後だけど、魯肉飯は別腹だしおいしいから大丈夫だよ!

 ということで、この日は猫空から淡水へと台北を南から北まで縦断し、これまで見慣れた台北とはまた違う台北を発見する旅となった(正確には淡水は台北市ではないけれど)。台北はいいぞ。

★2016年4月22日(金):4日目 さよなら台湾また来る日まで

Img_9874 Img_9872

 帰国日となるこの日は前3日でやり残したこと、行き残したところを順次巡る日となった。
 まず最初はMRT中正紀念堂駅を出てすぐのところにある金峰魯肉飯で煮卵をアドオンした魯肉飯をいただいた。

Img_9878 Img_9888_2
Img_9879 Img_9880 Img_9881

 続いて前夜とは打って変わって人影の少ない西門へ行き……。

Img_9887

 水龍王で魯肉飯をいただいた。これは昼ごはんの前借りだし、おいしいから大丈夫だよ!

Img_9891 Img_9892
Img_9893 Img_9894
Img_9895 Img_9896
Img_9899 Img_9904

 お次はみんな大好きアニメイト台北店へ行った。店内に入ると日本でもよく見る感じのいつものアニメイトという感じだったが、この日はレジに行列ができていてやっぱり既視感のあるいつものアニメイトという感じだった。店内にいる人が手に手にLiSAさんのCDを携えていたところを見ると、ちょうど台湾での発売日だったのかもしれない。
 

Img_20160422_121507 Img_20160422_114140 Img_20160422_114910

 最後に行ったのはMRT忠孝復興駅の近くにあるオウムがいるお茶屋。宿を引き払った後に大急ぎで行ったため、あまりゆっくりできなかったのが心残りだった。

Img_20160422_140012

 お茶屋を辞した後はMRTで台北駅へ行き、バスステーションから國光客運のバスに乗って桃園国際空港へ行き、空港へ着いたら即座にチェックインと出国審査を済ませて出発ロビーへ行く、という大変な慌ただしさで台湾での残り時間を過ごした。台北が離れがたい魅力にあふれているのがいけない(責任転嫁)。

Img_20160422_191554

 帰りは前述のとおりタイガーエアのお世話になった。機内販売ではCAのお姉さんがタイガーエアのマスコットである虎のぬいぐるみを肩にかけて免税品を売り歩いていたのが印象的だった。

 今回はひとり旅だったためどこへ行っても軽くフードバトルになっていたように思う(注文し過ぎです)。ただ、(帰りの航空機を除き)時間に追われたわけでもなく、特に急いで行くようなところもなかったので、ひとつところで気の済むまで食やお茶を味わうことができたのは僥倖だった。またいつか行きたい。台湾はいいぞ。

【関連記事】
台湾を一周したいわん2014~高雄/恒春/花蓮/太魯閣峡谷/九份/台北オタク街~→2回目の台湾紀行
台湾で食べ歩きしたいわん2015~台北(士林夜市、遼寧夜市、寧夏夜市)、台南、平渓線&なぐもカレー部『赤城さんの台湾食べある紀行・前編』的聖地巡礼~→3回目の台湾紀行
台湾で食べ歩きしたいわん2015秋~台北と平渓線~→4回目の台湾紀行
台湾で食べ歩きしたいわん2015~台北(士林夜市、遼寧夜市、寧夏夜市)、台南、平渓線~(togetter)→3回目の台湾紀行のツイートまとめ
台湾で食べ歩きしたいわん2015秋~台北と平渓線~(togetter)→4回目の台湾紀行のツイートまとめ
【台湾はいいぞ】台北と台南でもぐもぐ作戦です! ~台湾で食べ歩きしたいわん2016春~(togetter)→今回のツイートまとめ
台湾で食べ歩きしタイワン! 読めば誰もが台湾へ行きたくなる魅惑の台湾食べ歩きガイド! なぐもカレー部『赤城さんの台湾食べある紀行・前編』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) →『赤城さんの台湾食べある紀行・前編』感想
台湾で食べ歩きしタイワン! 読めば誰もが台湾へ行きたくなる魅惑の台湾食べ歩きガイド再び・前編を上回るボリュームにおなかもココロも満足の一品! なぐもカレー部『赤城さんの台湾食べある紀行・後編』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作)→『赤城さんの台湾食べある紀行・後編』感想

« 青葉とコウの師弟対決が熱くてカワイイ! 新米グラフィッカーが今日も1日がんばるお仕事4コマ 得能正太郎『NEW GAME!』第3巻 | トップページ | シン撰組うづりんの尊さに刮目せよ。 POCHI『沖田さんのさらしデビュー』(アイドルマスターシンデレラガールズ二次創作) »

旅行・地域」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591321/63558693

この記事へのトラックバック一覧です: 【台湾はいいぞ】台北と台南でもぐもぐ作戦です! ~台湾で食べ歩きしたいわん2016春~:

« 青葉とコウの師弟対決が熱くてカワイイ! 新米グラフィッカーが今日も1日がんばるお仕事4コマ 得能正太郎『NEW GAME!』第3巻 | トップページ | シン撰組うづりんの尊さに刮目せよ。 POCHI『沖田さんのさらしデビュー』(アイドルマスターシンデレラガールズ二次創作) »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ