« 誰かを特別に思うことがわからない女の子と初めて誰かを特別に思うことを知った女の子の、多分やっかいで、とても大切な百合恋の物語 仲谷鳰『やがて君になる』第1巻 | トップページ | ながいながい旅路の果ての物語 ミルメークオレンジ『ながいそうまとう』 »

2015/11/16

100年後の未来はどんな世界になっている? Happa『100年後 2115』

『100年後 2115』

 「あるかもしれない未来を集めた1ページ漫画です」と書かれたそれは文字どおり今から100年後の2115年を舞台にしたマンガの短編集となっている。これがまたおもしろいんだ。

 そう言えばドラえもんは2112年9月3日生まれという設定なので、100年後の2115年は(まだのび太の下へと行っていなければ)ドラえもんが闊歩している未来の世界だ。そんな100年後では一体何が起きているのか。
 このマンガでは100年後の未来予想図として仮想空間で妹として過ごす兄がいたり、月が大接近したり、氷河期が訪れたり、逆に温暖化していたり、気軽に火星旅行ができるようになっていたり、百合の園になっていたりする様子が描かれている。基本的にギャグなんだけれど、鋭いところを付いてきたり、しんみりさせたりするところがとてもずるいと思う。ずるい! ずるい! こう、少し不思議というか、そこはかとなく不思議というか、そんなすこしふしぎ系のSFになっているのがまたいいんだよね。

 最後の軌道エレベーターみたいになったビッグサイトは必見。

【出典】
・おーみや 『100年後 2115』 Happa、2015/11/15発行
【comitia114】100年後+α→本文サンプル
Happa→作者のサイト

« 誰かを特別に思うことがわからない女の子と初めて誰かを特別に思うことを知った女の子の、多分やっかいで、とても大切な百合恋の物語 仲谷鳰『やがて君になる』第1巻 | トップページ | ながいながい旅路の果ての物語 ミルメークオレンジ『ながいそうまとう』 »

マンガ」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591321/62685751

この記事へのトラックバック一覧です: 100年後の未来はどんな世界になっている? Happa『100年後 2115』:

« 誰かを特別に思うことがわからない女の子と初めて誰かを特別に思うことを知った女の子の、多分やっかいで、とても大切な百合恋の物語 仲谷鳰『やがて君になる』第1巻 | トップページ | ながいながい旅路の果ての物語 ミルメークオレンジ『ながいそうまとう』 »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ