« 世界よ、これがまどほむだ。とろけるように甘くどこかほろ苦い極上のまどほむマンガ。 きのこなべ避難所『デビカノアルティメット』『マジョカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | 都会派イマドキJCと生粋カントリーJCの通学を巡る熱くてのどかな駆け引きがいい! 山猫BOX『あいた~ん2』 »

2014/08/16

イラストにマンガに評論小説対談まで、あらゆる方向から艦これに切り込んだ超弩級の艦これ同人誌! 漢江鎮守府『落陽白書』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作)

Img_5214r

 サークル「漢江鎮守府」の『落陽白書』はイラストにマンガに評論に小説、果ては対談まで、あらゆる方向から「艦これ」というゲームに切り込み、それぞれの提督たちの考えや想いを体現した超弩級の艦これ同人誌である。

 B5サイズ140ページ超のこの本はまず手に取ったときの重量感がよく「薄い本」と称される同人誌のそれではない。この重さは艦娘たちが背負った過去、あるいは提督たちが艦娘たちにかける情熱と少しばかりの後ろめたさの現れなのではないかと思いたくなる。
 次にその表紙。中央に描かれるのは夕日を背に受けて振り返る吹雪である。吹雪は微笑んでいる。逆光の中、なぜ吹雪が笑顔であることがわかるのだろうか。もしかしてこれは提督の記憶の中にしか存在しない吹雪で、脚色された吹雪なのではないか。提督の誰もがいつかどこかで感じたような懐かしさと不安をこの表紙は想起させる。
 そしていよいよページをめくると現れるのは、体操する艦娘と妖精さんのポスターから始まる一連のイラスト、敷波ちゃんマジ天使な話から始まる5本のマンガ、六角形から始まり艦娘のロストを経て提督の倫理観までを語った艦これ評論、加賀さんどんだけ好きなの? と思わずにはいられない加賀さん小説2編、各々のプレイスタイルから基本的に終わることのないソーシャルゲームとしての艦これのエンディングまで縦横無尽に交わされた対談である。めくるめく、とはまさにこのこと。攻略法や史実解説こそないものの、紙面で表現できるあらゆる方法でそれらは「艦これ」に肉迫している。

 この同人誌はそれゆえに非常に読み応えのある1冊となっている。
 例えば、あるイラストでは頭から食われる何者かによって飛行場姫の妖艶さがいっそう引き立てられている。
 例えば、ログインするたびに「はじめまして」という吹雪に着想を得たというあるマンガ(というかネーム)。「艦これ吹雪マンガ」と題されたそれはかつてここまでSF的な側面を強調された艦これマンガはなかったのではないかと思わせるほどSF的な要素を持った一品である。艦これや艦娘の設定や世界観とそれらに対する独自解釈が見事に調和し、戦時中と現在、史実と虚構がないまぜになったその物語は、今あるこの平和がどれだけよいものかを改めて気づかせてくれる。
 例えば、「KGGG(カガガガ)」は提督がログインしていない間の艦娘の1つの真実とも言える物語である。退廃した鎮守府に着任した空母の加賀がある目的のためモニターの「向こう側」にいる提督と対話し、自分で考えて行動を起こし、だがゲームの中の存在でしかないという制約に縛られる。本来「艦これ」というゲームのデータでしかない加賀さんと現実世界に存在する提督が交流する様子は小説という表現ならでは。物語を読み通したときに出会う最後の言葉には図らずもニヤニヤさせられ思わず最初から読み返したくなるに違いない。
 かようにして繰り広げられる15人の提督による艦これ談義は日本、あるいは他国で日夜行われているであろうそれらの中で最も濃厚な例の1つだろう。それゆえに『落陽白書』は非常に読み応えがあり、とても感慨深く、実に興味深く、きわめておもしろい1冊となっている。

 8月15日に『落陽白書』が世に出たこと。それはこの同人誌が過去戦場で斃れた者たち、沈んだ戦艦たちへの鎮魂歌であると同時に、いつ来るともわからない鎮守府の平和を求めて日々深海棲艦との戦いに明け暮れる提督と艦娘に向けた餞であるからと思えてならない。

#大正浪漫チックな女学生の大北を描いた「ゴンドラの唄」がside Aしかないのは『落陽白書二〇一五』が出るというフラグ?

【出典】
・秋月耕太、今井哲也、板倉梓、さやわか、しまどりる、師走の翁、大沖、ちろり、長岡司英、七里、PALOW、ふみふみこ、円居挽、mot、山本充 『落陽白書』 漢江鎮守府、2014/8/15発行
『落陽白書』お知らせツイート

« 世界よ、これがまどほむだ。とろけるように甘くどこかほろ苦い極上のまどほむマンガ。 きのこなべ避難所『デビカノアルティメット』『マジョカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | 都会派イマドキJCと生粋カントリーJCの通学を巡る熱くてのどかな駆け引きがいい! 山猫BOX『あいた~ん2』 »

マンガ」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

艦これ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591321/60157617

この記事へのトラックバック一覧です: イラストにマンガに評論小説対談まで、あらゆる方向から艦これに切り込んだ超弩級の艦これ同人誌! 漢江鎮守府『落陽白書』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作):

« 世界よ、これがまどほむだ。とろけるように甘くどこかほろ苦い極上のまどほむマンガ。 きのこなべ避難所『デビカノアルティメット』『マジョカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | 都会派イマドキJCと生粋カントリーJCの通学を巡る熱くてのどかな駆け引きがいい! 山猫BOX『あいた~ん2』 »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ