« イラストにマンガに評論小説対談まで、あらゆる方向から艦これに切り込んだ超弩級の艦これ同人誌! 漢江鎮守府『落陽白書』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) | トップページ | ファンがアイドルを信じ、アイドルがファンを信じるとき、その歌は始まる。駆逐イ級による艦隊のアイドル那珂ちゃんを巡る物語。 H.H.R『NO MUSIC NO SMILE』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) »

2014/08/16

都会派イマドキJCと生粋カントリーJCの通学を巡る熱くてのどかな駆け引きがいい! 山猫BOX『あいた~ん2』

山猫BOX『あいた~ん2』

 東京から田舎へ引っ越してきたイマドキJC・大和と田舎生まれで田舎育ちの生粋カントリーJC・ひばりの友だち以上百合未満な関係を描いた『あいた~ん』シリーズに待望の続編が登場した。

 のっけから大和の全力疾走で始まる『あいた~ん2』は大和の遅刻にまつわる話である。
 自分自身高校まで電車で1時間もかかるような田舎に住んでいたので『あいた~ん』で描かれる田園地帯の風景と遅刻ネタには懐かしさを禁じ得ない。もっとも、自分が高校に通っていたときは遠路はるばる通ってくる電車組よりも自転車や徒歩で通う地元組の方が遅刻しがちだったように思う。1本逃すと次の電車が1時間後で遅刻が確定してしまう電車組はある種の強迫観念によりその規則正しい生活を保っていたのだろう。

 話を戻すと、大和が遅刻防止のために考えたのは本の表紙に描かれているように自転車で通学することだった。初めての遅刻に際して祖父に軽トラックで送ってもらったことで感触を得た大和は学校までの10キロの道のりを自転車で通おうとする。一方、どうしても大和と一緒にいたいひばりは大和を汽車(電化されていないので)へ連れ戻したい一心であれこれと策を弄そうとする。お互いの思惑のぶつかり合い(というよりすれ違い?)はどちらに軍配が上がるのか。
 前作では通学相手のひばりを暇つぶしのためのおもちゃにすると言っていた大和だが、『2』での2人の関係を見ていると大和がひばりのおもちゃになっているようで、ひばりに潜む田舎っ娘のしたたかさを垣間見たような気がする。しかし軽トラックで学校へ送られることは恥ずかしくないなんて大和もずいぶん田舎暮らしに染まったものだなあ。

 ところで、前作を読んだときにひばりと大和の自宅最寄り駅が岩野目駅であることを調べたが、今作では「距離も10キロくらい」という大和の台詞と列車の進行方向から2人が通う学校の最寄り駅が阿仁合駅を想定しているのではないかと思われる。
 それにしても岩野目駅の隣にある笑内駅(おかしない・えき)の由来がアイヌ語だったり、マタギ発祥の地にある阿仁マタギ駅など、見れば見るほど秋田内陸縦貫鉄道は味があるなあ。いつか行こう。

【出典】
・ナナセミオリ、コキリン 『あいた~ん2』 山猫BOX、2014/8/15発行
[C86新刊サンプル4]あいた~ん2→サンプル
山猫WeBox→サークルのサイト

【関連記事】
山と緑とその間を縫って走る単線で育まれる女の子2人の友だち以上百合未満な関係がいい! 山猫BOX『あいた~ん』第1巻
女の子同士のきゃっきゃうふふと言えばお風呂回とふたりっきりのファッションショーだよね! 山猫BOX『あいた~ん3』(2015/5/6追記)

« イラストにマンガに評論小説対談まで、あらゆる方向から艦これに切り込んだ超弩級の艦これ同人誌! 漢江鎮守府『落陽白書』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) | トップページ | ファンがアイドルを信じ、アイドルがファンを信じるとき、その歌は始まる。駆逐イ級による艦隊のアイドル那珂ちゃんを巡る物語。 H.H.R『NO MUSIC NO SMILE』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) »

マンガ」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591321/60159474

この記事へのトラックバック一覧です: 都会派イマドキJCと生粋カントリーJCの通学を巡る熱くてのどかな駆け引きがいい! 山猫BOX『あいた~ん2』:

« イラストにマンガに評論小説対談まで、あらゆる方向から艦これに切り込んだ超弩級の艦これ同人誌! 漢江鎮守府『落陽白書』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) | トップページ | ファンがアイドルを信じ、アイドルがファンを信じるとき、その歌は始まる。駆逐イ級による艦隊のアイドル那珂ちゃんを巡る物語。 H.H.R『NO MUSIC NO SMILE』(艦隊これくしょん~艦これ~二次創作) »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ