« ドキッ! おんなのこだらけのゲーム会社に就職した新米グラフィッカーのはじめて物語! ぱんつもあるよ! 得能正太郎『NEW GAME!』第1巻 | トップページ | 超高校生級のフラグ建築士が妹探しの果てに吐いた最後の嘘。 天乃咲哉『Doubt!』第4巻 »

2014/03/03

再び桜の舞う季節、1年前とは少し違う春香と優の2人の想い。 タチ『桜Trick』第4巻

『桜Trick』第4巻

 ちょっとコトしず成分が物足りないと思いながら読んでいたら描き下ろしですごいのキマシタワー!

 優の姉の美月を始めとした最上級生が卒業し、春香や優たちにとって2度目の春が巡ってきた。廃校が決まっているため新入生を迎えることのない新年度を春香や優たちはどのように過ごすのか。
 他の友達とはしない特別なことをしたいという言葉をきっかけとした、いわばカラダから始まった春香と優の関係(語弊あり)は、3巻で描かれた美月が春香に好意を打ち明けるという一大事を経て、今明らかに形を変えつつある。そして、そこへ春香にもう1つの転機が訪れる。それは生徒会長として頑張る澄と、優とはまた異なる特別な関係を結んだこと。それがどういう影響を春香に、優に与え、どういう未来を2人にもたらすかはわからない。わからないけれど、かつて美月とそうしたように、春香と優が澄と3人で相互に大切と思えるような関係になることを願って止まない。
 4巻の中で流れた時間は2年生の4月から6月頃までの3ヶ月ほどだ。その間に春香と優の関係はあまり進展していないように見えるが、そのゆっくりと進む感じがかえって好ましいと思う。また、その上で「このコトしずがすごい!」描き下ろしがあり理奈の性癖も暴露された4巻はなにげにすごい巻だった。

【出典】
・タチ 『桜Trick』第4巻、芳文社<まんがタイムKRコミックス>、2014/3/14発行
ぐつとま→作者のブログ。

【関連記事】
「他の娘たちとは絶対にしないこと」をする特別な関係の2人がお互いへの特別な想いを意識し始めるとき――。 タチ『桜Trick』第3巻

« ドキッ! おんなのこだらけのゲーム会社に就職した新米グラフィッカーのはじめて物語! ぱんつもあるよ! 得能正太郎『NEW GAME!』第1巻 | トップページ | 超高校生級のフラグ建築士が妹探しの果てに吐いた最後の嘘。 天乃咲哉『Doubt!』第4巻 »

マンガ」カテゴリの記事

商業誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591321/59228424

この記事へのトラックバック一覧です: 再び桜の舞う季節、1年前とは少し違う春香と優の2人の想い。 タチ『桜Trick』第4巻:

« ドキッ! おんなのこだらけのゲーム会社に就職した新米グラフィッカーのはじめて物語! ぱんつもあるよ! 得能正太郎『NEW GAME!』第1巻 | トップページ | 超高校生級のフラグ建築士が妹探しの果てに吐いた最後の嘘。 天乃咲哉『Doubt!』第4巻 »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ