« 策士まどかと変態ほむらのいいぞ! もっとやれ! 的なイチャラブ劇場。 きのこなべ避難所『デビカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | ピンク髪ロングの室長と水色ツインテの美少女バイトが織りなすノンシリコンの解説マンガ。 さくら研究室『サクラのアトリエ』第7巻 »

2013/12/30

ほむらが時間遡行した世界で既にまどかが故人だったら、ほむらはどうするか? マクロノーム『暁美ほむらが転校したら鹿目まどかが死んでいた話』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作)

『暁美ほむらが転校したら鹿目まどかが死んでいた話』

 サークル「マクロノーム」の『暁美ほむらが転校したら鹿目まどかが死んでいた話』は『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』(以下、『叛逆』)より前、ほむらがまだ時間遡行の魔法を使えた頃に訪れた、まどかが既にいない時間軸での話を描いたシリアステイストのマンガとなっている。

 まどかを救うという祈りだけで魔法少女になったほむらがまどかを守り切れず、やり直しのために時間を戻して辿り着いた世界の1つ。そこはまどかが交通事故で既に他界した後の世界だった。そんな世界で、ほむらがまどかの存在しない時間をどう過ごしたかが本作では描かれている。
 それにしても読み応えがある。一見すると出オチとも思えるような設定で、80ページ近くに渡って綴られたほむらと、もう1人、さやかの物語。このマンガで中心となっているのは、守るべきまどかがいないのにその時間に留まるほむらと、ほむらが不穏な行動を見せていたことからほむらに猜疑心を抱いたさやかである。「新編要素ナシ」と謳いながらもどこか『叛逆』に通じるものがあるように思うのは、ほむらとさやかがまどかに対する想い、お互いに対する想いを本気でぶつけ合っているからのように思う。まどマギ本編ではほむらとさやかは意見が合わず対立していることも多かったが、『叛逆』ではさやかはまどか、なぎさとともにほむらを助ける役目に回っている。円環の理の一部となったさやかが本作の時間軸にいた頃の記憶を持っているからこそ、『叛逆』のあのさやかがいるのではないか。そう思わずにはいられない。

 このマンガは単にほむらのループ世界に新たな一周を付け加えるだけでなく、『叛逆』の世界に新たな解釈を与えるという非常に希有な物語である。

【出典】
・のび 『暁美ほむらが転校したら鹿目まどかが死んでいた話』 マクロノーム、2013/12/29発行
C85 新刊サンプル→サンプル

« 策士まどかと変態ほむらのいいぞ! もっとやれ! 的なイチャラブ劇場。 きのこなべ避難所『デビカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | ピンク髪ロングの室長と水色ツインテの美少女バイトが織りなすノンシリコンの解説マンガ。 さくら研究室『サクラのアトリエ』第7巻 »

まどマギ」カテゴリの記事

マンガ」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 策士まどかと変態ほむらのいいぞ! もっとやれ! 的なイチャラブ劇場。 きのこなべ避難所『デビカノ』(魔法少女まどか☆マギカ二次創作) | トップページ | ピンク髪ロングの室長と水色ツインテの美少女バイトが織りなすノンシリコンの解説マンガ。 さくら研究室『サクラのアトリエ』第7巻 »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ