« まずは豚しゃぶ辛つけ麺を食べるべき。話はそれからだ。すーぱー雁ちゃんズ Powered by アキバBlog『GANSEN ~秋葉原の地下中華料理店・雁川の本~』 | トップページ | 山と緑とその間を縫って走る単線で育まれる女の子2人の友だち以上百合未満な関係がいい! 山猫BOX『あいた~ん』第1巻 »

2013/08/12

もぶキャラでも、主役に立てるとしたら、それはとっても嬉しいなって、思ってしまうのでした。ライジングホース『もぶ☆マギカ』シリーズ(魔法少女まどか☆マギカ二次創作)

『もぶ☆マギカ』

 モブだけで『魔法少女まどか☆マギカ』の世界が作られている。『もぶ☆マギカ』を初めて読んだときの衝撃は忘れられそうにない。

 「モブ」とは「群衆」という意味であり、アニメやマンガでいうモブ、モブキャラは多くの場合名前を持たず、主役や名前とセリフを持つ準主役たちの背景を賑やかす存在である。アニメによってはモブを含めた全クラスメイトに難読名字が付けられていたり、モブキャラのかわいさに定評のある制作会社も存在する。またマンガでも作者の寵愛を受け、時にはレギュラーメンバーに昇格するモブすらいる。

 『もぶ☆マギカ』シリーズは2011年に日本中を震撼させたかの名作『魔法少女まどか☆マギカ』に登場するモブに焦点を絞った4コママンガだ。1巻から3巻まではおそらくまどかたちのクラスメイトなのであろう、6人のモブキャラが主役となっている。「なのであろう」と書くぐらいなので、いつどの場面で登場し、実際には誰のクラスメイトなのか全く把握していない(まどかたちのクラスメイトであることはあとがきに書いてあった)。それどころか、本当にいたの? と思っているほどである。はたして、触覚ちゃんやクラスでいちばん背がちっちゃい子のように個性豊かで魅力的なモブが『まどマギ』にいただろうか。
 と、ここでようやく作者の術中にはまっていることに気づく。3巻までの6人のモブに独特の個性を与え、主役を張るまでに育て上げたのは他でもない作者であり、作者がモブキャラの一人一人に惜しみない愛情を注いだからに他ならない。まどかが魔法少女であることをナイショにしているクラスメイトであり、白い珍獣と契約を交わしていない彼女たちはもちろん魔法少女などではなく、魔女との戦いに明け暮れることも、身体の一部をもぐもぐされることも、好きになった相手に抱き締めてキスしてと言えないと悩むこともない。唯一彼女たちがモブキャラであることを留めているのは、「触覚ちゃん」「委員長」とあだ名が付いていることはあるが、特定の個人名は与えられていないということだけである。それは最新刊である4巻でも変わらない。アニメ12話でまどかが救った別の場所、別の時間に生きた魔法少女たちがなぜか見滝原中学校に通っているという不思議時空ではあるけれど、クマ子や大草原の少女といったモブキャラを主人公に据えているけれど、別に魔女の「魔」の字も出なければ変身した姿を見せることもない。それでもしっかり『まどマギ』の世界になっている。モブたちが活躍する世界を見ていると奇跡も魔法もあるんだよと思わずにはいられない。

 幸いなことに『もぶ☆マギカ』シリーズはまだ続くようである。劇場版にはどんな新モブが登場するのか、そしてそのモブを作者はどう描くのか。もぶキャラでも、魔法少女にならなくても作者の魔法で主役に立てるとしたら、それはとっても嬉しいなって、思ってしまうのでした。

【出典】
・みさちゅう、Nash 『もぶ☆マギカ』第1巻~第4巻 ライジングホース、2013年→『もぶ☆マギカ 4』がC84合わせの新刊
ライジングホース・バナーライジングホース -Rising Horse-

« まずは豚しゃぶ辛つけ麺を食べるべき。話はそれからだ。すーぱー雁ちゃんズ Powered by アキバBlog『GANSEN ~秋葉原の地下中華料理店・雁川の本~』 | トップページ | 山と緑とその間を縫って走る単線で育まれる女の子2人の友だち以上百合未満な関係がいい! 山猫BOX『あいた~ん』第1巻 »

まどマギ」カテゴリの記事

マンガ」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« まずは豚しゃぶ辛つけ麺を食べるべき。話はそれからだ。すーぱー雁ちゃんズ Powered by アキバBlog『GANSEN ~秋葉原の地下中華料理店・雁川の本~』 | トップページ | 山と緑とその間を縫って走る単線で育まれる女の子2人の友だち以上百合未満な関係がいい! 山猫BOX『あいた~ん』第1巻 »

最近の記事

twitter

無料ブログはココログ